研究概要書

 平成29年度 | 平成28年度 | 平成27年度 | 平成26年度 | 平成25年度 

■ 平成29年度

<五十音順>
研究代表者研究課題
1愛媛大学
 李 在勲 准教授
道路橋およびトンネルに対する効率的点検作業のための壁面吸着及び走行機能を有する新しいドローンの開発
2長崎大学
 大嶺 聖 教授
豪雨時の道路のり面の安定性を向上させるサイフォン導水ホースの開発
3名古屋大学
 尾崎 紀夫 教授
高齢運転者の危険運転を予測するスクリーニングバッテリの開発:高速道路での救急事象の低減を目指して
4山口大学
 鬼村 謙二郎 教授
応力による分子構造の異性化に伴う歪み可視化技術の開発
5京都大学
 岸田 潔 教授
不均等な上載荷重が作用する盛土内に設置されたプレキャストアーチカルバートの被災メカニズムの解明
6京都大学
 白土 博通 教授
強風時における高速道路安全走行速度情報の事前提示に関する研究
7九州大学
 崔 準祜 助教
大規模地震を複数回経験する橋梁における支承部および落橋防止装置の耐震性評価
8名古屋工業大学
 張 鋒 教授
高速道路の「新設永久基礎構造物支持地盤の浸透固化工法による変形剛性の補強効果とその長期安定性」に関する研究
9東北大学
 寺田 賢二郎 教授
地震負荷履歴を受けた鋼構造物の残留強度評価のための二重損傷モデル
10長岡技術科学大学
 中村 文則 助教
塩害劣化した高速道路施設の地震時の安全評価予測手法の開発
11長岡技術科学大学
 福元 豊 助教
土粒子-浸透流連成の数値計算手法の高度化と内部侵食による道路盛土の劣化メカニズムの研究
12東京工業大学
 道信 剛志 准教授
高速道路のひび割れを検出する方法の開発
13京都大学
 三村 衛 教授
地盤情報データベースに基づく高速道路盛土基礎地盤のモデル化と地震時安定性評価手法構築に関する研究
14群馬大学
 若井 明彦 教授
盛土材料の長期的な劣化・変質の速度を把握するための調査試験と各年代の盛土品質推定のための資料分析
※所属等は平成30年3月末時点のものです

 平成29年度 | 平成28年度 | 平成27年度 | 平成26年度 | 平成25年度